「Sound Forge」の基本

「Sound Forge」の基本

1. 最初に「オプション」「ユーザ設定」「オーディオ」で使用するオーディオデバイスを設定します。

私はEDIROLの「UA-1EX」というオーディオ・インターフェースを使用していますので「オーディオ デバイスの種類」「EDIROL UA-1EX」を選択します。

「UA-1EX」・・・マイク入力、デジタル入出力、ヘッドホン出力などを装備した低価格ながらも高音質、高機能な製品です。

2.「ファイル」「開く」で英語音声ファイルを開きます。
CDから音声を開く場合は「ファイル」「CDからオーディオを取り込み」でトラックを選択して「OK」で開いて下さい。

3.「プロセス」「ノーマライズ」で音量を上げることができ、波形も見やすくなります。CDなどに収録されている音声などは製品によって音量が異なりますので、この「ノーマライズ」という機能で音量を均一化できます。

4. 波形の特定の部分を指定するには、編集ツール(「編集」「ツール」「編集」)でカーソルをドラッグするだけで、範囲を選択することができます。右下の「+」「-」ズームイン、ズームアウトも可能です。

5.「オプション」「ループ再生」、またはツールバーの「ループ再生」ボタンで指定した範囲を何回も繰り返し聞くことができます。